毛玉を吐き出すとは

猫がグルーミングをしている姿を見たことがある人も多いでしょう。猫は大変キレイ好きな動物で、自分で体を舐めてキレイにします。グルーミングをする大半はこのことが理由ですが、他にも体温調節をサポートしたり、精神的に不安定なときに精神を落ち着けたりするなどストレス解消の役割もあるとされています。

猫が頻繁に行うグルーミングで舐めとった毛は、口から胃や腸へと運ばれ、便として排出されます。排出されずに胃にたまると、猫の毛が互いに絡まり合ってフェルトのような毛玉ができあがります。猫はこの毛玉を定期的に吐き出します。初めて猫を飼ったという人がよくこの吐き出す行為に驚くことがありますが、吐き出すこと自体は病気でもなんでもないので安心してください。毛玉を吐けないままでいると、毛玉が腸への出口を塞ぎ、胃腸の働きが弱まります。放置すると猫は痩せて元気がなくなるので注意しましょう。

猫の中には全く毛玉を吐かないという猫もいます。毛玉を吐かないけれど、普段通りの生活で元気も食欲もある場合は、舐めとった毛は便と一緒に排出していると考えられます。猫が毛玉を1日に何度も吐いたり、吐こうとしているのに吐けずに苦しそうになっていたりする場合や、食欲が落ちて来た場合などは早めに動物病院を受診することをおすすめします。